シンガポール海外転職で応募から内定までの期間は?日系と外資で異なります

先日、シンガポール転職をお考えの皆様へ向けたウェビナー「新型コロナウイルス後、転職市場の今」を行いました。

この記事では、コロナウイルス後の現状や、その変化における転職活動のスケジュールや面接のコツを紹介します。

 

セミナー登壇者

鵜戸西  リーラコーエンシンガポール経営責任者

飯田 : リーラコーエンシンガポール ジャパンデスク統括キャリアコンサルタント

 

この記事がオススメな方

  • シンガポール転職にむけて、実際にちょっと動き出した人
  • 海外転職のスケジュール感が知りたい人
  • 海外転職が気になるが、どのような企業を受けるべきなのか悩んでいる人

 

シンガポールの近況について

飯田 :  シンガポールでは1月末に感染者を初確認してから3ヶ月後、4月7日には感染対策として”サーキットブレーカー”が宣言されました。

その内容は、ビザ発行や入国規制と共に、外出制限がスタート。

生活に必要不可欠なインフラなどは政府からオフィス勤務が許可されるなど、完全なロックダウンではありませんでした。

飲食店では、テイクアウトは可能で運動も個人で距離を保っていれば室外でも可能でした。

時期によって、政府によるルールの強化、緩和が繰り返されましたが、6月1日にサーキットブレーカーは解除されました。

現在(6月時点)では、段階的な行動制限解除のうち2段階目(Phase2)に入っています。

5人までの室外での飲食が、可能になるなど徐々に経済が戻ってきている状況です。

とはいえ、状況としては多くの企業で在宅勤務が続きます。

 

シンガポール海外転職で応募から内定までの期間は?

外資企業の場合は、応募から最短1週間で内定がでる場合があります。(※1週間以上かかる場合もあります)

一方で日系企業の場合は、人物重視なので選考回数が多いため、外資と比べると選考期間が長くなる傾向があります。

転職スケジュールをたてる際には、日系企業であれば余裕を思ったスタートを推奨しています。

 

知っておきたい、日系企業と外資企業の違いについて

外資企業の求人と現実

飯田 : 外資企業では、ご入社後の即戦力が求められているため経験重視の選考になっています。

応募から最短1週間でオファーが来るという企業もあり、選考を受けながら判断していくことも重要なキーになります。

業種としては、金融やカスタマーサービスといった日本語を活かした業種での補充や拡大採用が多い印象です。

 

鵜戸西 外資企業で働くメリットとしては、有給消化率の高さや勤務時間のフレックス制度の導入など自由度が高い点です。

一部の候補者様からの不安点として、結果重視といった評価制度や外国人のメイン環境の中での結果が出ないことによる解雇などの意見を頂くこともございます。

しかし実際には、急に転職活動をしなければいけない状況になるパターンはほぼないのが現状です。

外資企業では、日系企業とは全く目標の設定が違うため、最低限やらなければいけない現実的な目標とガイドラインが提供されます。、

その中で、どれだけ自分が結果を出していけるのかというのがポイントになります。

もし結果がうまくいけばボーナス、うまくいかなければボーナスの見直しがあるかも、といった流れになってきます。

 

外資企業の採用はパズルのピースのイメージになります。各個人のキャリアアップやジョブローテンションについての期待が企業側にはなく、いかに個人のタスクをこなせるかがキーです。

そのため、求職者様もキャリアアップのためには転職活動が必然となり、経験社数が多い方がいらっしゃいます。

こういった文化や採用背景の違いを、きちんと理解することが重要になってきます。

 

日系企業の求人と選考

飯田 : 一方で日系企業に関しては、人物重視の選考となっております。採用背景としては、今後のマネージメントを見越した採用や、駐在員のサポートといった補充採用がございます。

新卒で採用面接の際に、将来5年後、10年後のキャリアイメージや会社でやりたいことといった質問があったと思います。そういった質問を通して、徐々に昇格していく中で会社のマネージャーや中心核になってほしいという願いがあります。

そのため、長期でどのように働いていただけるかを選考の中で判断されているため、選考が数回行われ、外資企業と比べて選考が長くなっているのが特徴です。また日系企業での必要とされている英語力に関しては、今までの知識やご経験を活かし英語で説明する力が求められるが更に追加されます。

 

ウェブ面接で面接官をひきつけるコツ

シンガポールでのご転職活動の際には、外資企業であれば転職直前に、日系企業であれば余裕を思ったスタートを推奨しています。

 

飯田 : 現在シンガポールでは、労働ビザに加えて政府からのシンガポール入国許可が必要になっており、トランジット以外での日本から入国が禁止されています。

面接する企業側にも政府からの在宅勤務推奨によって、対面での面接が1度もなく、内定をいただける企業もございます。

 

そのためシンガポールでのご転職活動では、ウェブ面接での重要度が必然的に高くなっています。

通常の流れとして、電話にて一次面接、ビデオ電話にて二次面接を行います。例えばZoom、skype、MS team、Callingなどを使って行う事が多くなっています。


鵜戸西 電話面接のコツは、短時間で面接官を惹きつける事です。

短くて10分、目安が30分の短時間で合否を判断される一発勝負になるので、面接準備は欠かせません。

企業側からの面接フィードバックとして、候補者様が面接中にあまり興味が感じられなかった、おそらく面接をする態度ではなかったとの声も伺います。

たとえ電話面接であろうと、対面面接と同じような緊張感を持ち、静かな場所で面接に望むことのが大事なポイントになります。

 

特にビデオ面接の場合では、1つ1つのリアクションを大きくしてみるのもコツです。

候補者様が本当に理解しているのか、画面越しではなかなか伝わらないのが現状…

普段よりも大きくリアクションをしてみたり、相づちを心がけてみることで、よりよい時間になるのではないかと思います。


このように候補者様のご希望にあった求人のご紹介だけではなく、面接アドバイスや生活情報も提供させていただいております。

例えば、初めての英語面接での話し方のコツや企業側に合わせたアピール方法などといったアドバイスを通し、二人三脚の転職活動を応援させて頂いております。

 

シンガポールで転職でお困りの際にはご相談頂ければと思います。こちらから登録くださいませ。

 

 

ウェビナー担当の経歴について

鵜戸西 奨

1992年生まれ。2014年にインドネシア法人にてインターンシップを開始。

2015年に株式会社ネオキャリアへ新卒入社し、3年間のインドネシア駐在を経て、最年少マネージャーとして2017年7月よりシンガポールへ移動。

2019年7月よりシンガポール拠点長として経営責任者に就任。

 

飯田 洋平

1990年生まれ、2013年に大手自動車メーカーへ入社。

2017年より日系人材会社へ転職。

2019年にリーラコーエンシンガポールへ転職し、2020年1月よりジャパンデスク統括に就任。

 

Contact usup-arrow
Feel free to contact our career advisor.