【対策しておけばよかった…】失敗談から学ぶ、シンガポール転職の面接対策3選

こんにちは。リーラコーエンのマーケティング担当Lisaです。

今週のブログでは、シンガポール転職活動のリアル事情をお届けしていきます。

弊社リーラコーエンで実施している候補者様アンケートよりブログを作成していますので、よりリアルな実態をお届けしています。

 

本日のテーマは、シンガポール面接実情について。

「志望度の高い企業様との面接だったのに、もう少し対策できたかもしれない!」など、面接後の後悔を避けるために、事前対策を解説致します。

 

関連記事:

【実は半数以上が併願してる?】シンガポール転職活動のリアルすぎる実態を大公開

【面接体験者から学ぶ】シンガポール転職活動の、リアルな面接実情とは?

【現地人材会社が徹底解説!】シンガポールの転職活動でよく聞かれる質問&面接対策方法

 

①緊張してしまって、準備していたものの"的を得た受け答え"が出来なかった…

頭の中で質問内容とその答えのイメージがついていても、本番では緊張などによって頭が真っ白になってしまったり、つい早口で話してしまったりしまうかも…。

 

面接対策として、メモに答えを書き出す・実際に声を出して練習することをオススメしています。

またご自身の答えをレコードし、聞いてみると新たな改善点が見えてくるかもしれません。

 

実際に上手く答えられなかったとの声が多かったのが、以下の質問。

・なぜ応募したポジションで自分の力が生かせるのか

・自分の長所は何か

※長所を2~3個考えておくと企業側のお考えや状況に合わせた回答ができるのでおすすめです。

 

質問応答では、ご自身と企業様がいかに具体的な就業イメージがつくのかを基準とされている会社様が多いです。

そのため、これらの質問に関しては前職や具体的な業務経験を挙げて、説明する事が理想的です。

数字や実績を織り交ぜて、できるだけポジティブに回答を用意しておくとよいです。

 

②英語で上手く自分の思いを伝えられたのか、心配…

外資企業とのご面接はもちろん、日系企業様とのご面接でも人事の方が日本語話者が無いなど、英語面接があるケースも多くございます。

そこで面接対策の際には、英語でも日本語でも対応できるようにしておくと良いかと思います。

 

英語での受け答えの仕方として、以下を意識してみてください。

結論→説明→結論をもう一度伝える

 

英語で簡単な自己紹介文や導入部分を作るためによく使われる表現については、別途記事でまとめていますので合わせてご確認ください。

 

③オンライン面接ツールの使い方がわからない・ネット環境の整備不足

このご時世、日本からの面接だけでなく、シンガポール内からの面接もオンライン面接が増えています。

企業様によっては、1回のオンライン面接だけで結果が出たり、第一印象を決める大切な面接がオンライン面接ということもございます。

このことからもオンライン面接の重要度が高まっていることがわかります。

 

しかしながら、トラブルもかなり発生しています。

ネット回線の不具合による上手くコミュニケーションが取れなかった場合や、パソコンの不具合(カメラやマイクの調子が悪い)、初めてのオンラインツールだったため使い方がわからない場合など…

 

対策としては、以下になります。

ネット回線については自宅などネット環境が落ち着いている場所での面接実施、万が一のためにスマートフォンのHotspotを事前に用意しておく…

パソコンに不具合に気づくためにも、10~15分前を目安としてオンラインツールを起動させておく…

 

また、主に面接で使われているオンラインツールは以下になります。

・スカイプ

・Zoom

・Team

・Whatappなど…

 

特に初めてのオンラインツールの場合は事前に使ってみたり、キャリアコンサルタントまでご相談くださいませ。

 

最後に

以上、実体験から学ぶ、シンガポール転職活動の面接対策をまとめてみました。

備えあれば憂いなし!少しでも面接対策のお力添えが出来れば幸いです。

明日は英語面接対策!簡単な自己紹介文や導入部分を作るためによく使われる表現をご紹介致します。

 

また、現在のシンガポールでの求人はこちらよりご確認頂けます。

日系の人材紹介会社リーラコーエンでは、シンガポールでのパートタイム・フルタイムでのお仕事紹介だけではなく、

あなたに合わせたキャリア構築・面接対策など無料相談を行っております。

納得のいく転職を、日本人キャリアコンサルタントが最後までご支援させて頂きます。

 

シンガポールでの転職活動に関しまして、お困りの際や不安な点などございましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

Contact usup-arrow
Feel free to contact our career advisor.