シンガポールでの面接基本情報・マナー・服装・よく聞かれる質問

こんにちは。

リーラコーエンシンガポールのマーケティング担当Lisaです。

 

最後に、面接を受けたのは大学生のときなので面接の感覚が分からない…

日本とシンガポールの面接での違いはなんなんだろう…

是非、そういった方に読んでいただければと思います。

今回は、転職マーケットが大きく動く旧正月前に、シンガポールでの面接について記事をまとめてみました。

 

【目次】

1. シンガポール面接の基本情報

2. 気になる、面接時の服装・ルール

3. こんなふうに聞かれるの?聞かれやすい意外な質問3つ

 

関連記事

日本人現地採用と駐在員との比較~待遇の違いと現地採用ならではのメリット~

【現地人材会社が徹底解説!】シンガポールの転職活動でよく聞かれる質問&面接対策方法

【最新ビザ情報あり】シンガポールでのキャリアアップは、年内に挑戦するのがチャンスかも

外資系企業に向いている人ってどんな人?転職活動の方法は?【シンガポールで働く】

 

シンガポール面接の基本情報

到着時間

シンガポールの多くの企業様で、面接前にapplication formの記入があります。

事前に記入、提出してから面接当日というケースもありますが、

基本的に当日記入という企業様が多いです。

 

人材紹介会社から紹介を受けた場合や面接前後に予定がある場合など、

事前にapplication formの有無を確認しておくと良いでしょう。

 

持ち物

企業から指定されたものの他に、身分証明書は一応持参しておきましょう。

企業によっては、オフィスに入るまでにIDの登録や現在のコロナの状況でゲスト情報の記録が必須となっている所もあります。

 

日本と同様、筆記用具は持っておくと良いかもしれません。

 

面接回数

企業や業態によって変動はありますが、基本的に1~2回が多いです。

電話やビデオ面接も最近だと主流になってきています。

 

面接官

1次面接:

人事と、募集ポジションの直上司やシンガポール拠点長。

2次面接及び最終面接:

募集ポジションの直上司やシンガポール拠点長と、役員など。

日系企業では、日本本社の管理職の方が参加されて判断されるケースが多いです。

 

結果通知までの期間

書類選考に関しては、基本的に最大1週間ほど。

ただ、日本や海外に本社がある場合、2週間ほど時間がかかる場合がございます。

自己応募の際に、残念ながら今回はお見送りとなってしまった場合には、返事をいただけない場合もございます。

 

面接に進んだ場合、合否は基本的に3日以内~1週間以内に通知されます。

面接まで進んだ場合、基本的に合否の連絡は来ます。

仮に他社選考や他社オファーがすでにある場合には、

選考中・選考後に「いつまでに結果が必要であるのか」をお伝えしておくと良いでしょう。

 

気になる、面接時の服装・ルール

面接時の服装

ビジネスカジュアル、もしくはスーツ。

清潔感のある第1印象を与えられるような服装を意識してみてください。

 

服装も大事な第一印象の1つ。

日本の就職活動のように、真っ黒でデザイン性のないスーツを選ぶ必要はありませんが、

寒さ対策・好印象のためにもジャケットは持参しておくと良いでしょう。

 

ただ日本人MD(Managing Directoe)の秘書といった、

日本でのビジネス知識やマナーが問われる企業・業種・ポジションではスーツの着用をオススメしています。

 

あくまで面接は自分をアピールしていく場面。

デザイン性を求めるあまりに、良くない印象を与えてしまうリスクを取るよりも無難ですし、

特に日系企業であれば、スーツを着てもやりすぎる事はないでしょう。

多少は暑いですが、室内で多くの時間を過ごすことを考慮できます。

 

日本のように、細かいルールはあるの?

基本的にノックの回数や面接時のネイルの色…などで、選考から外れる事は少ないです。

自分の事をいかにアピールし、企業様に自分が働くイメージを想像させられる事が出来るかが大事。

 

最低限のマナーを守って、自分らしく面接に望むと良いでしょう。

 

こんなふうに聞かれるの?意外な質問3つと意図

①会社・業界について調べて来たことを教えてください。

⇒ホームページや企業情報をきちんと調べているかという基準で、

 どのくらい企業に興味があるのかというのを見ているかと思います。

 

ホームページや各ソーシャルメディアを、きちんと確認して意見を持って置くと良いでしょう。

 

面接担当が本社役員の場合には、

今後の事業展開といった逆質問も用意しておくと、より好印象を与える事ができるかもしれません。

 

②もしこの仕事のオファーを貰ったら、1番最初にしたいこと及び半年のプランを教えてください。

実際に好印象を持っているときに、聞かれる事が多い質問かもしれません。

具体的なプランを持っていれば居るほど、

実際に募集ポジションとして企業に働いているイメージがわきやすいので良いと思います。

 

③希望給与はどれくらいですか?

日本ではなかなか質問されないですが、

シンガポールの企業ではよく面接の最後の方に聞かれます。

 

自分の希望給与と共に、前職でのキャリア経験や相応給与を望む理由を話せるとよいかと思います。

ただ1次面接・2次面接…といった別の場面で、違う金額を提示するのは控えましょう。

他社からのオファーが出た際や1次面接で残業が多いと言われた際など、

特別な理由があれば素直に伝えるべきですが、別の金額を提示すると不信感につながってしまう可能性があります。

 

最後に

以上、"シンガポールでの面接基本情報・マナー・服装・よく聞かれる質問"についてお届け致しました。

このブログを通して、1人でも多くの方の参考になれば幸いです。

 

ASEAN間の多くの日系企業の多くで、今後(2021年以降)景況が改善すると予想されています。

※日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査

その拡大や景気回復に向けて、来年以降増員など採用計画も増えてくるかもしれません。
 

海外でのキャリアアップ・シンガポール国内でのご転職など…

少しでも興味のある方はお気軽にご相談くださいませ。

 

1月後半~2月前半は、シンガポールでの転職市場が大きく動く時期とされています。

少しでも早く求人情報をチェックしたり、転職エージェントに登録したり…

積極的に動いてみると、他の人と小さな差をつけることができるかもしれません。

=============

日系の人材紹介会社リーラコーエン シンガポールでは、

シンガポールでのパートタイム・フルタイムでのお仕事紹介だけではなく、あなたに合わせたキャリア構築・面接対策など無料相談を行っております。

納得のいく転職を、日本人キャリアコンサルタントが最後までご支援させて頂きます。

 

シンガポールでの転職活動に関しまして、

お困りの際や不安な点、もっと知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

現在の求人情報はこちら

シンガポール転職に関する情報・記事はこちら

シンガポール子育て・働きたい奥様へ向けた情報・記事はこちら

 

>>ついにチャンネル登録者1,000名突破<<<

毎週シンガポール拠点(アジア拠点)からお届け!動画で"海外で働く・生活する"を知る、Reeracoenチャンネル

 

Contact usup-arrow
Feel free to contact our career advisor.