シンガポールの独立記念日「ナショナルデー」とは 2022年最新情報

こんにちは。

リーラコーエン シンガポールマーケティング担当の野上です。

早いもので今年も折り返し地点ですね。特に、常夏のシンガポールにいると一年があっという間に過ぎるような気がします。

さて、今年もシンガポールでは8月9日のナショナルデーが近づいてきました。

つい先日、今年のイベント詳細やチケットについての発表もありました。週末の夕方にはジェット機の轟音がしたり、シンガポール国旗を掲げたヘリコプターが空を飛ぶリハーサルも始まっています。

このリハーサルが始まると、今年もナショナルデーが近づいてきたことを実感する在星者の方も多いかと思いますが、今年初めて来星された方は突然の轟音や大迫力の飛行機に驚かれたのではないでしょうか。


そこで今回は、シンガポールの一大イベント「ナショナルデー」と今年の開催情報についてお届けします。

【目次】
1.ナショナルデー(National Day)とは?
2.2022年のテーマ
3.イベント内容、どんなことをするの?
4.最後に
 

1.ナショナルデー(National Day)とは?

ナショナルデーとは、シンガポールの独立記念日のことです。

毎年8月9日は祝日となっており、国を挙げて様々なイベントを通して盛大に祝います。

1965年8月9日にマレーシア連邦から脱退して独立したシンガポール。

初代リー・クアンユー首相からゴー・チョクトン首相、そして現在のリー・シェンロン首相が率いる国家として、今年は57回目の独立記念日を迎えます。

毎年、当日はシンガポール国旗をイメージした赤や白い色の服を着て外出をする国民が多いことも印象的です。

国旗の赤は「普遍的な親愛と国民の平等」を表し、白は「永遠の高潔」を表すそうです。

ローカルの幼稚園でもナショナルデーをお祝いする日があり、子どもたちは皆赤と白を着て登園します。

当日はシンガポールの伝統や歴史を知るアクティビティを行ったり、その年のダンスを踊ったり、まるでお祭りのよう。

 

シンガポール国旗といえば、HDBなどを筆頭に、7月に入ると窓から国旗を掲げる家も多いですよね。

HDBの中には、ほとんどの家で国旗を掲げている場合もあり、ずらりと並んだ国旗は壮観、シンガポールならではの光景を目にすることできます。

なおこの国旗、掲げられる期間が9月30日までと決まっており、期間を過ぎると罰金が課されるそう。

まさに、この時期だけの風景ですね。

 

さて、ナショナルデー当日の見どころといえば、ナショナルデーパレード(NDP)です。

昨年は新型コロナウイルス感染症対策における「フェーズ2」真っ只中だったこともあり、建国以来初めて中止となりました。

その他行われる予定だった様々なイベントも日にちをずらして行われたり、中止となったものもありました。

つい先日入国規制や行動規制が緩和され、コロナ禍以前のように少しずつ生活が戻りつつあるシンガポール。

今年はどのようなイベントになるのでしょうか。


2.2022年のテーマ

毎年、ナショナルデーにはテーマがあります。

今年のテーマは「Stronger Together, Majulah!”」だそうです。

多様性の中で人々が団結し、課題に対して乗り越えていくことで、シンガポールの未来をより良くしていくという願いが込められています。

また、シンガポール国歌にもあるマレー語の「Majulah」とは、進むという意味。

ポストコロナへ向けて、これまでの57年の歩みと未来への希望を持ち、前へ進んでいくという決意が込められています。

また、今年のテーマに沿ったテーマソングが、「Stronger Together」です。

シンガポールの有名作曲家であるDon Richmond氏が作曲し、テレビ番組「シンガポール・アイドル」初代優勝の歌手Taufik Batisah氏が歌っています。

シンガポールが一つになり、ともに大きなチャレンジを乗り越えていこうという力強いメッセージを感じるアップテンポな楽曲です。

プロモーションビデオの中には、シンガポールの様々な著名人やアーティストが参加しています。

 

実際の動画はこちらよりご覧ください。


3.イベント内容、どんなことをするの?

さて、ここからは実際に今年はどのようなイベントが予定されているかをご紹介します。

NDP実施委員会2022によると、今年は8月6‐7日の週末、および9日の当日にNDPイベントが開催されるそう。

まずは週末2日間では、島内5つの場所でシンガポールの軍隊関連のエキジビションが開催される予定です。

現地では、戦車などの展示が予定されています。また、7日にはレッドライオンによるパラシュート落下パフォーマンスが行われます。
 

当日の9日は、イベントが目白押し。

何といっても今年は、マリーナ・ベイ・フロートにて実施されるNDPイベントの一般客の観覧ができるようになりました。

チケットは必要になりますが、観客なしで行われた去年からは大きな変化です。

軍隊によるパフォーマンスをはじめ、シンガポールのこれまでの歴史を振り返るショー、今年のテーマソングのバーチャル合唱、そして一部中継を利用しながらシンガポール人の歌手や有名人によるライブ演奏などが行われる予定です。

冒頭でご紹介したF-16戦闘機の飛行パフォーマンス、そして国旗を掲げたヘリコプターのフライパストもこの日に行われます。

また、当日を締めくくるのは島内各箇所で打ち上げられる花火です。

会場のマリーナ・ベイ・フロートでも打ち上げられる予定です。

このほか、期間中はインスタグラムを始めとしたSNSで参加型のデジタルキャンペーンを行うそうです。

 

先日、イベントに先駆けてシンガポール国民または永住権保持者限定でのチケット申し込み期間がありました。

後日抽選が行われ、当選者のみにチケットが送られるそうです。

私も応募してみましたが、競争率はかなり高そうです。

それぞれのイベントのより細かな内容や時間、実施エリア等の詳細は後日ホームページにて発表とのことです。今から楽しみですね。

 

4.最後に

今回は8月9日のシンガポールのナショナルデーについてお届けしました。

大きなお祭りのような当日は、シンガポールのこれまでの歴史を振り返りながら、これからの希望溢れた明るい未来に思いを馳せる日にできると良いですね。

ナショナルデーのイベントについて、もっと詳しく知りたい方は、ぜひホームページを覗いてみてくださいね。

 

===============

日系の人材紹介会社リーラコーエン シンガポールでは、

シンガポールでのフルタイムやパートタイムでのお仕事紹介だけではなく、あなたに合わせたキャリア構築・面接対策など無料相談を行っております。

納得のいく転職を、日本人キャリアコンサルタントが最後までご支援させて頂きます。

シンガポール国内転職・キャリアアップに興味をお持ちの方は、非お気軽にご相談くださいませ

 

また、就労や生活に関する最新情報をブログにてお届けしています。

毎週3回以上更新しておりますので、お見逃しなく!

現在の求人情報はこちら

シンガポール転職に関する情報・記事はこちら

シンガポール子育て・働きたい奥様へ向けた情報・記事はこちら

 

またこのブログ内容は、フェイスブックおよびインスタグラムでも毎日配信しておりますので、

是非いいね・フォローをお待ちしております。

 

>>ついにチャンネル登録者2,500名突破<<<

毎週、シンガポール拠点とその他アジア拠点からお届け!

動画で"海外で働く・生活する"を知る、Reeracoenチャンネル

 

シンガポール拠点からは毎週木曜日シンガポール時間18時(日本時間19時)より動画を更新しています。

ぜひチャンネル登録・イイね!を宜しくお願い致します。

 

最近の動画はコチラ:【ベトナム・シンガポール・フィリピン】準備編 海外就職対談 【3カ国比較】

Contact usup-arrow
Feel free to contact our career advisor.