【2022年第2四半期】シンガポール労働市場調査結果

こんにちは。

リーラコーエン シンガポールの平林です。

 

いよいよ8月9日は、シンガポール57回目の建国記念日ですね!

国をあげての一大イベント、花火は日本の夏を思い起こさせるようで、毎年の楽しみの一つでもあります。

ナショナルデーの詳細につきましては、ぜひこちらをご確認ください。

さて先日、MOMからシンガポールの第二四半期における市場調査結果の報告がありました。

雇用、失業、および人員削減数は、労働市場の継続的な回復を示しております。

2022年4月からの国境制限の大幅な緩和を受け、居住者の雇用だけでなく、非居住者の雇用が大幅に回復したことで、雇用総数が増加したそうです。

失業率はコロナ禍以前のレベルに留まっており、整理解雇数も低いままという結果でした。

約2年に渡る新型コロナウイルスの労働市場への影響はやっと収まりを見せたのでしょうか!?

今回は2022年第2四半期のシンガポール労働市場調査結果について、MOMのリリース内容をまとめました。

 

【目次】
1. 2022年第2四半期の雇用増加率と業界区分
2. 失業率と人員削減
3. まとめ

 

1. 2022年第2四半期の雇用増加率と業界区分

2022年第2四半期の総雇用数(ヘルパーを除く)は64,400人(または1.9%)増加し、2022年第1四半期(42,000人; 1.2%)よりも速いペースで増加しております。

増加の大部分は非居住者によるもので、主に建設業と製造業においては居住者の割合を上回ります。 

その理由は、今年の4月以降の大幅な国境緩和によるものとされ、上記セクターの企業においては今後高まる国内需要に対応するために積極的に採用を行っているそうです。

それと同時に、特に情報通信、専門サービス、金融サービス業などの成長分野では、より多くの求職者が雇用を見つけております。

上記業界における失業率は、2月にコロナ禍以前のレベル(平均失業率は全体で2.2%、居住者3.0%、シンガポール人3.2%)に達して以来、ほとんど変わっておりません。

 

2. 失業率と人員削減

全体の失業率は2022年10月にピークを迎えて以来、下降傾向にあります。

2022年2月にコロナ禍以前の水準に達した後は、労働市場が逼迫し、求人数が過去最高を記録する中でも安定を見せております。

同年6月の失業率は、全体で2.1%、居住者で2.9%、シンガポール人で3.1%の結果でした。

また、人員削減も低水準にとどまると予想されております。

2022年第2四半期の整理解雇数も低いままとなり(1,000件程)、直近の四半期と同様に、事業の再編またはリストラが一時解雇の最大の理由でした。

 

3. まとめ

今後は非居住者の雇用は、コロナ禍前の水準に追いつき、堅調なペースで増加し続けると予想されています。

また、2019年のレベルを約4%上回ると予想される居住者の雇用も、現在の失業率を加味し、増加傾向にあると予想されています。

一方で、強いインフレの圧力や世界情勢、中国などの主要経済国でのコロナパンデミックの再燃などが逆風となり、増加を弱める可能性も十分にありえます。

先行きの不確実性を考慮して、MOMは非居住者の労働力を多様化しつつ、シンガポールコアを強化し、働き方の再設計や高齢者の労働力をより多くのセグメントで活用するための柔軟な勤務形態の提供など、企業への変革を推進しております。

そのため、Jobs Growth Incentive(JGI)の延長やWorkforce Singapore(WSG)などの政府プログラムも引き続き利用可能となります。

 

最後に

今回は​​​2022年第2四半期のシンガポール労働市場調査結果についてまとめてみました。

労働市場への新型コロナウイルスの影響は打破したものの、未だ収まり切らないパンデミックや世界情勢などを踏まえると、まだまだ雇用増加を楽観視することは難しい状況かもしれません。

今後のシンガポールの労働市場についても、引き続き注目していきたいと思います。


また弊社では「【45分でわかる】シンガポールの日系企業の動向と採用マーケットの今」といったテーマで無料Webinarを実施いたします。

ご都合が合えばぜひご参加ください。
-----------------
■8月11日(木)14時〜14時45分 *SGT※途中の入退室可。
事前エントリーリンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_09xo335vTROtMFVcn-QAvw
-----------------

その他人材に関するご相談もお気軽にご連絡いただけますと幸いです。

 

関連記事:

意外と知らない!? MYCAREERSFUTURE(旧JOBSBANK)の実態について

ポストコロナ時代における従業員の維持と中途採用のヒント

【これを読めばすべて分かる】シンガポールの有給と休暇ガイド

===============

日系の人材紹介会社リーラコーエン シンガポールでは、

シンガポールでのフルタイムやパートタイムでのお仕事紹介だけではなく、あなたに合わせたキャリア構築・面接対策など無料相談を行っております。

納得のいく転職を、日本人キャリアコンサルタントが最後までご支援させて頂きます。

シンガポール国内転職・キャリアアップに興味をお持ちの方は、非お気軽にご相談くださいませ

 

また、就労や生活に関する最新情報をブログにてお届けしています。

毎週3回以上更新しておりますので、お見逃しなく!

現在の求人情報はこちら

シンガポール転職に関する情報・記事はこちら

シンガポール子育て・働きたい奥様へ向けた情報・記事はこちら

 

またこのブログ内容は、フェイスブックおよびインスタグラムでも毎日配信しておりますので、

是非いいね・フォローをお待ちしております。

 

>>ついにチャンネル登録者2,500名突破<<<

毎週、シンガポール拠点とその他アジア拠点からお届け!

動画で"海外で働く・生活する"を知る、Reeracoenチャンネル

 

シンガポール拠点からは毎週木曜日シンガポール時間18時(日本時間19時)より動画を更新しています。

ぜひチャンネル登録・イイね!を宜しくお願い致します。

 

最近の動画はコチラ:【ベトナム・シンガポール・フィリピン】準備編 海外就職対談 【3カ国比較】

Contact usup-arrow
Feel free to contact our career advisor.