【知ってた?】シンガポールのバレンタイン事情を大解説

こんにちは。

リーラコーエン シンガポールのマーケティング担当Lisaです。

 

今年のカレンダーでは、旧正月の次の日にはバレンタインデーがやってきます。

そこで本ブログでは、シンガポールでのバレンタイン事情についてまとめてみました。

新たな気付きがあれば、幸いです。

 

【目次】

1. シンガポールでのバレンタインの祝い方

2. ローカルスタッフに聞いた、おすすめチョコレート3選

 

【関連記事】

海運業界でキャリアアップ:今後の動向と求人例~業界別紹介#1~

物流業界でキャリアアップ:今後の動向と求人例~業界別紹介#2~

建設・建築業界でキャリアアップ:今後の動向と求人例~業界別紹介#3~

医療業界でキャリアアップ:今後の動向と求人例~業界別紹介#4~

通信業界でキャリアアップ:今後の動向と求人例~業界別紹介#5~

 

経験を活かして、シンガポールでキャリアアップ~経理・公認会計士~

経験を活かして、シンガポールでキャリアアップ~営業職~

 

シンガポールでのバレンタインの祝い方

シンガポールでは、男性から女性にプレゼントすることが習慣。

その後には、レストランなどへデートに行くようです。

 

バレンタインデーが平日であれば、オフィスにプレゼントや手紙が届きます。

 

プレゼントとしては、花束やチョコレートが一般的。

花束はバラをあげることが多いようです。

 

この時期のお花屋さんにいくと、様々な組み合わせがあります。

チョコレートをお花に見立てた花束や、チキンナゲットが刺さっている花束…

相手に合わせた花束を選んでプレゼントしたい男性にピッタリのアイテムですね。

 

日本では見たことのないユニークな花束を見ることができるのは、

海外(シンガポール)在住ならではですよね!

 

ローカルスタッフに聞いた、おすすめチョコレート3選

個人調べではありますが、

弊社シンガポール人のスタッフに聞いてみたバレンタインデー用おすすめチョコレートを紹介していきます。

 

①Ferrero Rocher

シンガポール人にとって、バレンタイン用チョコレートといえばこれ!

 

たしか日本・シンガポールのコンビニでも購入できるので、

一度は見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

Ferrero Rocherのチョコレートは、バラと一緒に装飾された花束になっていたり、

楽器やハートの形のボックスに並べられていたり…

プレゼントをあげる相手に合わせたギフトを選ぶことができます。

 

②Lindor(リンドール)

日本でも専門店があるほど人気のLindor。

 

個包装で包まれたタイプであれば、シンガポールのスーパーなどでも購入できます。

オンラインストアや専門店では、ギフト用にリボンが付けられたものも販売されています。

 

③Royce

北海道札幌が起源の、

ポテトチップチョコレートや生チョコレートで有名なRoyce。

 

シンガポールでも有名で、多くの人が並んでいました。

私も以前、高島屋のデパ地下で購入しました。

 

2001年にシンガポールへ出店したようで、いくつか他にもIONやセラングーンにも店舗があるようです。

お近くの店舗情報は、こちらのサイトにてご確認下さい。

 

 

最後に

以上、シンガポールでのバレンタイン事情についてでした。

本ブログを通して、新たな気づきがあれば幸いです。

 

この内容については、YOUTUBE動画でも撮影しておりますので、よかったら合わせてご確認くださいませ。

 

またこのブログ内容は、

フェイスブックおよびインスタグラムでも毎日配信しておりますので、

是非いいね・フォローをお待ちしております。

 

 

日系の人材紹介会社リーラコーエン シンガポールでは、

シンガポールでのパートタイム・フルタイムでのお仕事紹介だけではなく、

あなたに合わせたキャリア構築・面接対策など無料相談を行っております。

納得のいく転職を、日本人キャリアコンサルタントが最後までご支援させて頂きます。

 

現在の求人情報はこちら

シンガポール転職に関する情報・記事はこちら

シンガポール子育て・働きたい奥様へ向けた情報・記事はこちら

 

その他非公開求人・パートタイムでお仕事もございますので、

シンガポール国内転職・キャリアアップに興味をお持ちの方は、是非お気軽にご相談くださいませ

 

>>ついにチャンネル登録者1,300名突破<<<

毎週、シンガポール拠点とその他アジア拠点からお届け!

動画で"海外で働く・生活する"を知る、Reeracoenチャンネル

ぜひチャンネル登録・イイね!を宜しくお願い致します。

Contact usup-arrow
Feel free to contact our career advisor.