【12歳未満のビザ申請に必須】シンガポール予防接種証明の申請手続きを徹底解説

こんにちは。

リーラコーエン シンガポールの平林です。

 

2019年2月1日以降、シンガポールでは12歳未満の外国人の長期滞在ビザ申請に対し、

予防接種証明の提出が義務付けられました。 

 

あまり広く知られていないのですが、実際にはどのような手続きをすれば良いのでしょうか。

そこで今回は予防接種証明の申請手続きについて、できるだけ分かりやすくご説明致します。

 

この記事がオススメな方

  • 12歳未満のお子様をお持ちで今後シンガポールへ移住、転職を考えている方
  • 12歳未満のお子様のシンガポール留学を考えている方
  • 既にシンガポールに滞在しており、一時出産のためご帰国を考えている方

 

目次

1. 予防接種証明申請の目的とは
2. 申請に必要なデータ
3. 申請方法と期間

 

予防接種証明申請の目的とは

シンガポール国内では、感染蔓延防止のためにシンガポール人とPRの方に対して

従来より「ジフテリア」と「麻疹」の予防接種が義務付けられていました。

 

それに加え、外国人在住者の増えているという背景から、感染蔓延を危惧した保健省(MOH: Ministry of Health)が、

2019年2月に、12歳未満の外国人長期滞在ビザ*申請者についても予防接種を義務付けました。

また、ビザ申請前に予防接種証明の申請が必要です。

*Dependent Pass(帯同パス)/Long Term Visit Pass(長期滞在パス)/Student Pass (学生ビザ)が対象となります。

 

尚、予防接種証明を提出し、予防接種確認証(Verification of Vaccination Requirements)を取得するまでは

ビザ申請自体が行えないため、早めの申請が必要となります。

 

また従来の日本の予防接種スケジュールは、シンガポールのスケジュールと異なりますので、

事前にシンガポールの予防接種スケジュールをご確認ください。

(ジフテリア = Diphiteria、麻疹 = Measles)

 

MOHはジフテリア麻疹だけでなく、B型肝炎おたふく風邪百日咳肺炎球菌急性灰白膵炎(小児まひ)、風疹破傷風

9種類を危険な小児病と認めており、これらも推奨ワクチンとして予防接種状況を確認されます。

 

申請に必要なデータ

それでは、実際に必要な申請データを見ていきましょう。

 

【申請必要データ】

 ① Immunization Registraion Form (予防接種登録フォーム)

 ② 予防接種履歴の原本(日本の場合、母子手帳の予防接種のページ)

 ③ Birth Certificate(英文の出生証明書)

 ④ パスポート(写真見開きページ)※父親もしくは母親の分も必要

 

①Immunization Registration FormはMOHの以下のページからダウンロード可能です。

フォームのダウンロード先 (Step1: Get a doctor's Endorsementの「Download Immunization Registration Form」ボタンをクリックします。)

 

上記をプリントアウトの上、小児科もしくはかかりつけの医師に②の原本をもとに記入、署名をいただきます。

その際、フォーム内は全て英語での表記が必要です。

 

②予防接種履歴の原本は日本語記載の部分がある場合は英訳が必要です。

翻訳センターもしくは英訳対応可能なクリニックへの事前の依頼が必要です。(対応には約1~2週間ほどかかります)

 

③Birth Certificateはビザ申請の際にも必要となるのですが、戸籍謄本の英訳で対応可能となります。

在シンガポール日本大使館、もしくは翻訳センターにて英訳対応の上、原本と一つのPDFファイルにまとめて提出します。

 

④パスポートはお父様もしくはお母様分の登録も必要です。

 

申請方法と期間

上記の書類が揃ったら、いよいよ申請です!

申請はMOH管轄下の こちら のページからオンラインで行います。

 

まず最初にご自身のアカウントを作成し、1ページ目でお子様と親御さんの情報を入力します。

2ページ目からジフテリアと麻疹、その他のワクチン接種日とワクチンの種類を入力します。


ワクチンの種類に関しては、プルダウン式で選択するのですが、

選択項目が非常に多く、迷われる方も多いかと思います。

不明瞭な場合は署名医師もしくはサイトのヘルプデスクへご相談下さい。

(「UNKNOWN」という項目の選択も可能となりますが、ワクチンによって選択項目は異なります)

 

日本の予防接種の場合、DTPやMMR等、混合接種のケースも多く、選択が煩雑となりますので、

予め時間に余裕がある時に申請する事をおすすめします。

 

最後のページで必要な申請データのアップロードを終え、

アプリケーション料の SGD35を支払ったら申請完了です。(VISA/Masterカードのみ対応)

承認後に登録したメールアドレスへ連絡が参ります。

 

気になる申請から承認にかかる期間ですが、サイト上は約10営業日とされています。

しかしながら、混雑状況によっては3週間以上かかるケースもあります。(再申請の場合は15営業日以上となります)

 

承認後のビザ申請の際には「HPB Reference No」が必要となりますので、

企業のHRもしくはビザ申請代行業者へお伝えしましょう。

 

最後に

今回はシンガポールの予防接種証明の申請手続きについて記載いたしました。

事前の書類準備から申請手続き、承認までは少し時間がかかってしまいますので、お早めにご対応いただく事をおすすめします。。

 

また弊社では予防接種証明の申請代行サービス、ならびにビザ申請代行サービスも行っておりますので、

気になる方はお気軽にご連絡くださいませ。

 

===============

日系の人材紹介会社リーラコーエン シンガポールでは、

シンガポールでのフルタイムやパートタイムでのお仕事紹介だけではなく、あなたに合わせたキャリア構築・面接対策など無料相談を行っております。

納得のいく転職を、日本人キャリアコンサルタントが最後までご支援させて頂きます。

シンガポール国内転職・キャリアアップに興味をお持ちの方は、是非お気軽にご相談くださいませ

 

また、就労や生活に関する最新情報をブログにてお届けしています。

毎週3回以上更新しておりますので、お見逃しなく!

現在の求人情報はこちら

シンガポール転職に関する情報・記事はこちら

シンガポール子育て・働きたい奥様へ向けた情報・記事はこちら

 

またこのブログ内容は、フェイスブックおよびインスタグラムでも毎日配信しておりますので、

是非いいね・フォローをお待ちしております。

 

>>ついにチャンネル登録者2,500名突破<<<

毎週、シンガポール拠点とその他アジア拠点からお届け!

動画で"海外で働く・生活する"を知る、Reeracoenチャンネル

 

シンガポール拠点からは毎週木曜日シンガポール時間18時(日本時間19時)より動画を更新しています。

ぜひチャンネル登録・イイね!を宜しくお願い致します。

 

最近の動画はコチラ:【シンガポールの休日】セントーサでボート貸切してみた!

Contact usup-arrow
Feel free to contact our career advisor.